1. がん相談支援センターをご存じですか

がん相談支援センターを
ご存じですか

患者さん支援―「がん相談支援センター」について

患者さんをさまざまな面から支援する「がん相談支援センター」をご紹介します。

がん相談支援センターは、全国のがん診療連携拠点病院等に設置されている「がんの相談窓口」です。
がん相談支援センターでは、相談される方が「その人らしい生活や治療選択ができるように」、信頼できる情報を提供し、がんとの向き合い方を一緒に考えます1)

だれが利用できるのですか。

がん相談支援センターは、がん患者さんとそのご家族を含め、地域の方どなたでも利用できます。
がん診療連携拠点病院等に設置されていますが、その病院等に通院しているか・していないかにかかわらず、どなたでも利用できます。

どのような相談に応じてくれるのですか。

がんやその治療のことに加え、がんの治療を受ける上での不安や悩み、療養生活のこと、治療と仕事の両立など、さまざまな相談に応じています。

がん相談支援センターの業務の例2)

  • がんという病気のこと、治療法のことなど、一般的な情報の提供
  • 医療機関、医療関係者に関する情報の提供(入院・外来の待ち時間、医療関係者の専門とする分野・経歴などの情報を含む)
  • セカンドオピニオンとして相談可能な医師の紹介
  • 療養上の相談
  • 就労に関する相談

だれが対応してくれるのですか。

看護師、社会福祉士・精神保健福祉士、臨床心理士・公認心理師 などが対応しているところが多いようです1)。専門的な相談については、その病院内・外の医師、薬剤師、看護師、栄養士などが協力して対応する体制をとっているところもあります1)
相談員としての研修を修了した専任の者が必ず配置されています。

秘密は守られますか。

匿名での相談に応じる、患者さんの主治医や他の医療関係者からは中立の立場で対応する、ご本人の了解なしに相談内容を他者(主治医などの医療関係者を含む)に伝えないなど、個人情報の取扱いには特別な注意が払われています1)

費用はかかりますか。

どなたでも無料で利用できます。

疑問や不安を感じるときは一人で悩まず、がん相談支援センターで相談してみましょう。
がん相談支援センターでは、相談者の不安な気持ちに寄り添い、一緒に考え、支援していきます。

こんなとき、相談してみては

  • 自分の病気や治療について知りたい
  • 医師の説明が難しくてわからない
  • 副作用が心配
  • 心の悩み、不安なことを聞いてほしい
  • 緩和ケアについて教えてほしい
  • 治療と仕事を両立させたい
  • 学校のこと、勉強のことで悩んでいる
  • 療養生活について心配なことがある
  • 外⾒の変化について相談したい
  • 治療費が心配、生活費など経済的な問題を抱えている
  • 利用できる公的制度を教えてほしいなど

がん相談支援センターは、国立がん研究センター「がん情報サービス」のウェブサイト「がん相談支援センターを探す」で検索することができます。

  1. 国立研究開発法人国立がん研究センター「がん情報サービス」「がん相談支援センターについてのQ&A」(2021年2月25日閲覧)※外部サイトに移動します
  2. 厚生労働省健康局がん・疾病対策課「がん診療連携拠点病院等における相談支援について」(2021年2月25日閲覧)※外部サイトに移動します

(公開:2021年3月)