患者さん向けパンフレットPamphlet

  1. 患者さん向けパンフレット

こちらは、「患者さんを支えるあなたのためのノート」です。
ご家族や大切な方が「がん」と診断されたときにご使用いただく、がん患者さんを支える方々のために作成したノートです。がん患者さんとの関係づくりや、支援の方法に関して、精神腫瘍医とがん看護専門看護師さんからいただいたヒントを掲載しています。​

こちらは、「がんと診断された患者さんのためのノート」です。
「これまでの治療の振り返り」「感じた思いや不安」「支えになってくれた人」「体調の変化」「自分の役割」などについて自由に記入しながら整理し、​これからのことを考える際にお役立てください。​

初発の方向け「わたしとはなす:卵巣がんと診断されたときに読む本」は、卵巣がん患者さんのお困りごとの解決と、患者さんと医療関係者のよりよいコミュニケーションを支援する目的で作成しました。​
病期についての基本知識や初発治療の流れ、遺伝子検査に関する情報を掲載しています。

再発の方向け「わたしとはなす:卵巣がんの再発が見つかったときに読む本」は、再発卵巣がんの治療法について、比較しやすい一覧表を掲載しています。​
また、初発の方向けの内容に加え、前回の治療の振り返り・自分が大事に思っていること・望んでいるサポートなどを整理する欄を設けています。

本書は、当社の肺がん領域における取り組みを示した冊子で、肺がん医療に関わる皆さまと対話を進めることを目的に作成しました。​
肺がんを取り巻く課題と、日本オンコロジー事業部の今後の取り組みについて紹介しています。